Welcome to My Journal

Bien Aller

Tea & Talk ②

インテリア&アンティークコース修了生対象の

「Tea & Talk春のスペシャルレッスン (全3回)/ The Gilded Age NY➁」行いました。


第2回目は

春のスペシャルレッスンの主テーマである

「アメリカ史黄金期The Gilded Age-NY/19~20世紀初頭」時代の

テーブルセッティングに関連性がある

ニューヨーク(東海岸)や南部上流階級の人々の晩餐会や

ティーパーティのテーブルを華やかに彩った

アメリカ発祥の

シュガーコーティッドフルーツ&フラワーアレンジメントセンターピースの

歴史ストーリーをお話しながら作品作りです。


お砂糖をまぶしたフルーツを乾かしてる写真です。

ころころして可愛い。。🍎








フルーツを乾かしている間

帝政ロシア時代より継承される

伝統的な美しい宮廷ロシアンティーセレモニーについて

クラシック映画を観賞しながら学びます。






シュガーコーティッドフルーツ&フラワーアレンジメントは

2015年の秋冬に開催をした

「The Gilded Age-NYホリデーシーズン単発スぺシャルレッスン」の復刻版となり

2022年版は春の季節柄に合わせて新緑のグリーン&イエロー系にしました。








こちらのアレンジメントとの出会いは

8~9年程前に地元のハイスクールで開催された

Sesonal American Fresh Flower Arrangemts Courseへ通った際

(アメリカ季節のフレッシュフラワーアレンジメントコース夜間部)

特に印象に残ったテーブルセンターピースのアレンジメントでした。

同ハイスクールの卒業生で

当時、NYボタニカルガーデンで

講師をされていた方が先生(中央)で丁寧に教えて頂きました。


(懐かしい写真です。↓)






1930~50年代のUSクラシック映画が私は好きで

「アメリカ史黄金期The Gilded Ageを舞台にした映画の中に多く登場する

お砂糖をまぶしたフルーツや実の物をお花と一緒にアレンジする

この素敵なテーブルセンターピースはなんだろう!。。」

驚きと知りたいと云う思いが膨らみ

ホリデーセンターピース科目に進んだ際に

こちらのシュガーコーティッドフルーツ&フラワーアレンジメントを作成することになり

歴史ストーリーがようやく明らかに。

知りたいが繋がり「おおっ!」っと嬉しく感じた記憶が再び蘇りました。


修了生の声:

「果物をあしらったフラワーアレンジメントは、日本で何度か作った経験はありますが

シュガーコーティッドは初めてなので、とても新鮮で素敵です!」

皆さん、手際よく素敵な作品を完成されました。♪

次回、第3回目に続きます。

Michiko










米国HBOより1月からスタートした

新連続ドラマ「The Gilded Age」のワンシーンより。