Welcome to My Journal

Bien Aller

魅惑のアンティーク硬質陶器



アメリカフェデラル様式をはじめ、スペインやフレンチアンティーク家具を中心に

モダンテイストをブレンドさせた

インテリア空間にわが家は設えているのですが

食器(置物、小物類を含め)に関しては

意外?とアンティークのものは少なくて

現行品を揃えています。


(スターリングシルバーは個人的には、アンティーク製品が断然デザイン性に惹かれるのでアンティークのものを揃えるようにしています。)






そこには2つの理由があって

その①は

アンティーク家具のあるインテリア空間に

更にアンティークの食器や小物を合わせてしまうと

単調な印象になり

せっかくのお気に入りのアイテムも

結果的にどちらも引き立つことが出来ないと云う悲しいことに。。

そして、合わせすぎない遊び心を取り入れたいという思いもあります。


その②は

気に入ったものを長く大切に使いたいという思いから

食器はなるべく

ディナーまでのフルセットで揃えるようにしているので

アンティーク食器ですと、なかなか

セットで揃えることが難しいという理由からです。


ですが

唯一、こつこつ揃えるアンティーク食器が

こちらの2社

J. Meir & son, England.1848年製造と

William Ridgeway, England.1800~1850年代製造の

ブルー&ホワイト風景画ランドスケープデザイン(Scenery)のものです。

素朴な風合いと爽やかな絵付けが

肩の力を抜いたテーブルセッティングにぴったりだな~と感じたのでした。


Bergdorf Goodman NYの7F.インテリアフロアに

ディスプレイされていて驚きました~!

ちょっと嬉しい。。







比較的丈夫な吸水性の高いアイアンストーン硬質陶器なのですが

やはり170年程前のアンティーク食器ですので

お店で幸運に出会えたとしても

シミや欠けた箇所ありで

泣く泣く諦めることも多々あります。


飾り皿やインテリア装飾、プライベートマイコレクションに用いるのでしたら

私は時代を経たからこその風合い「パティーナ」と捉えるので

まったく気にならず、かえって素敵だわ~!と感じるのですが

クラスのテーブルセッティング用となると

実用的には難しいですね。


今のところ

デザート皿2枚

スープ皿1枚

ティーボール&ソーサー各2客

ソースボート1つ&受け皿1枚

キドニーシェイプのバターディッシュ2枚(先日、出会えたばかりです~!♡)


テーブルセッティングのお披露目までは

まだまだ道のりは長くなりそうですが

そんな時間も楽しみながら

気長に素敵な出会いを待ちたいと思います。🌸