Welcome to My Blog

Bien Aller

フレンチリトグラフとアートティーとアントワネット。

最終更新: 4月7日


今週から不要不急の外出は避け、事実上の外出禁止に入りました。

白黒はっきり曖昧にせず、速やかに決断・対処する

アメリカの強行とも云われる対応は、国民を守ることに繋がるので

私はいつも評価したい部分であり

当クラスでも、第一に健康・安全を考え

早い段階より全クラスをキャンセルにしました。


そして、自宅では気になっていた場所の整理整頓・掃除、また美しい本や映画を観て

リラックスして過ごすようにしています。


先日発売されたばかりの

母校Elm×イェール大学美術館の限定コラボレーションの

アカデミックなアートティーを淹れて。


クラス再開日のファーストティーはどのフレイバーにしようかな。☕









玄関先フォワイエの限られた空間ですが

ライブラリースペースにしています。

タイムレスな魅力を持つ本をコレクションしていて

こちらはその一部で教材としても使用しています。

この時期ゆっくり読み返しています。






この日は、美しいインテリア・テーブルセッティング・アート・テーブルウェア・

ホスピタリティが詰まった Jamee Gregoryさん著書

NYハイソサエティのおもてなし本

"New York Party : Private View"

10年以上前に出版された本ですが、今も参考にしている変わらず好きな本です。


そして

しばらくの間、眠っていたフレンチリトグラフを壁に掛けたのに伴い

Cire Trudonのアントワネットキャンドルも復活させました。

以前も、この2点をアンサンブルで配置していて

不思議とハーモニーが生まれる相性の良いコンビです♪


リトグラフのタイトルはLe Maiter De Musique(ミュージックレッスン)

18世紀宮廷のミュージックレッスン風景なのですが

何故か男性が女性の胸元に手を添え、うっとりした表情で見つめ合う2人。

ロココ時代に大変流行した反面、美術批判を受ける対象となった

ブーシェやフラゴナール絵画にも見られる

男女の求婚シーンを描いたものだと推測出来ます。


アントワネットのバストキャンドルは台座部分が不安定で

何度か床に落ちては

鼻やりぼんが欠けて、近くで見ると可哀そうな状態。。

でも、置くだけで華を添えてくれるので好きなのです。

今回は台座の裏に両面テープでシルバートレイと固定させたので

大丈夫そう。♡


最近、過去好きで眠っていたアイテムにまた惹かれるようになり

5~7年周期で自分の中の再ブームは訪れるのかな??


ふと立ち止まって、自分自身を見つめなおす良い機会にも感じられます。📚


























ABOUT US

The Timeless Art of Living Style with Tea & Protocol Masterclass- Southern Style USA

The Timeless Art of Living Style with  Antiques Masterclass USA

ADDRESS
SUBSCRIBE FOR EMAILS